<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

佐久島
ご無沙汰。

書き込むことないこともないけど
書き込むほどでもない。

最近は貰ったブルーレイに溜まり込んだ映画をひたすら見てばっか。
インドアライフもそろそろ飽きてきた

島が好きでして
佐久島に
たまたまかな。
集まった人がいい人ばっかりで。
それぞれの持ち寄ったカメラで撮影大会。
ものすごく暑い日だったけど風が気持ちよくて心地よかった
アーティストになる
最近いろんなアートを観る機会が多くありました。
まさに芸術の秋でした。

次は・・・
ということで自らの手でアートを創ってみよう
 
飯野高校デザイン科の彼女と鈴鹿高専電気工学科の僕(全く無知)のコラボで
作品作りに挑戦。

実は最近結婚した友人から部屋に飾りたいから描いてって・・・

おいおい大丈夫か!!(笑)
頼む相手おれらでいいのか

と無謀で危険なお願いでしたが
絵を描くの昔から好きだったので引き受けました。

白いキャンバスに筆入れ

どうなるのか初めはちと緊張。

筆で書く瞬間の気持ちよさ
結構快感!?

天日干し

おれきっちりしたもの描くの苦手で
下書きとかしたくない
感性のままぐちゃぐちゃな感じに描きたい派

彼女はけっこうきっちり派
タイプちょっと違うけどそこがコラボのいいとこ かな?

難しかったのが思った色を作ること
この色とこの色混ぜたらどれになるかとか難しい。
分かったことはいろいろ混ぜない方がいい。
絵にもよると思うけど発色いいやつはどんどん混ぜると暗くなってく。

苦戦もしたけど完成。

自分たちの中ではかなり満足。
あげたくないくらい(笑)

出来上がったのがコレ
「はい。恋に落ちました。」
4つのflower(おれら)にたとえてみた

鑑賞したい人は松阪の石井美術館(アパート)まで!!
無料です。(あたりめーだ)
ROKKO MEETS ART芸術散歩2010
美しい眺望が楽しめる六甲山

そこでやってるのがコレ

散歩好きな自分にとって歩きながらちょっと変わった野外作品を観る。

五感を刺激される。

文化の日
人もいっぱい。
子供が多かったな。公園とアートを親子で楽しんでた。
アートに感じちゃってる人もチラホラ


思い思いの時間を過ごす人々

う!!?

このテントの中。すごいことになってます。
右の方にはのびた君の格好したおっちゃんが・・
この日はかなり寒かった。
のびアニキ半ズボンかなり寒そう。しかし座ってケイタイ。やる気があるのか
しかし一声かかるとこんな感じ(笑)

これはある人のブログでも載ってた「刈る。」
観たかったやつ。


夜は夜景がきれい。
さすが神戸。六甲枝垂れライトアップとのコラボ。

すごいきれいだが寒い。
山の夜は寒い。


でものんびり。
リフレッシュできた。いい休日でした。

忙しくブログ書く暇さえない感じの10月でしたが、やっとゆっくりできそう。
自分の時間見つけれそう。。。

女木島
最終日は女木島へ
高松港から一番近い島

ここではアートに加えて鬼が島が楽しみ
珍スポットとしても知る人ぞ知る島

小さい島ですが山の上に鬼が棲む
バスで山頂付近まで
高松が向こうに横にはとんがった山が
天気最高

そして
でた!オニ

ぎゃあ

洞窟の中にもいっぱい
と思ったらアートも

オニいっぱいいました。
かなり癒し系です。

ただ洞窟の中は一人で行ったらちょっと怖いかも・・
この時は芸術祭でいっぱい人いたからいいけど

芸術祭なかったら客いるんかなって場所やしね。

ただ一見の価値はあると思います。

山の上からの景色気持ちよすぎ
森の中にスピーカーがつり下げてある。
自然の中から音が




いろんなアートが
これはモアイ像。
イースター島まで行かんでも見れた

男二人で最後に写真。
女二人はアート見るのに疲れてました。。。

たしかに盛りだくさんな3日間
かなり楽しませてもらいました。


また行きたい。


よし、うどん食って三重に久々に帰ろう

なかなかできない貴重な船旅の日々でした。
犬島
小さな高速船に乗り込み
犬島へ

高速船はその名の通り速い!!
一気に犬島へ

見えてきた小さな島に煙突が

そして島に到着。。
そこで目にしたものは・・・

!?
またもや人、人、人。。
なんと帰りの便の整理券待ちの列が・・・
着いて早速1時間待ち
この整理券もらわないとこの宿泊施設も無いような島に取り残されるとのことでしぶしぶ

今日は朝から待ちだけで半日が終わってしまった。。
特にアートを見る訳も無く。腹が減る。
ここでも並ぶ
もう並ぶのに慣れてきた(笑)
しかも飯がおれらでほぼ無くなったとギリギリセーフ

さあ飯も食ったしやっと鑑賞タイム


眼です。動きます。まばたきしてます
見てます。
この旅でも写真&ムービーは大活躍。
撮りまくりました。

うまそうな?キノコ発見

そして最後は精錬所
今回のなかで一番スケールの大きな作品だと思った。
中にも入れてしかけがいっぱい。
「これっ、こういうの見たかったんだよ」って感じ
誰だお前は・・・と思われるかもしれんけど
みんなも言ってたし
うん。そんな感じだった


とここでマイカメラ電池切れ。調子乗って撮りすぎた

こんな感じで犬島は終了。
だけどこっからがおもしろかった。
久々に冒険したって感じだった。
何したってちょい悪したね。

犬島からの帰りの船を1時間前のやつにちょい悪乗りして
豊島へ(ばれたらどうなるかって感じだったが意外と普通に行けた)

そして次に豊島から高松行きの船がこりゃまたすごい人。
100人くらいの行列が・・・
あーこりゃやばいって思って
でもここは並ぶしかないかって並んでたら

たまたま並んでた前にあった船の持ち主のおっちゃんが
「今から高松港行くから乗るかー」って大声で
それの人の反応がピクってみんな。
乗る乗る!!って

小さい船に次々と。
やばいおれらも乗るぞってどう見ても乗船オーバーのやつに無理矢理乗り込み
おれ「行ける?」
おっちゃん「うーん、まあ行けるか」って

密入国してきた人達みたいな感じできつきつの船内の地べたにすわり
帰路へ

海上タクシーってやつみたいね。
しかし100人も並んでて、あの後列にならんでいた俺らの目の前でタクシーの
呼び声がかかるとは
ラッキーとしか言えない!!

かなり船は揺れ水しぶきでびしゃびしゃな人もいたし
下手したら落っこちそうな感じの位置の人もいたけど

犬島から1時間くらいで高松到着!!

キセキでした。
多分普通に言ってたら帰れたか・・
帰れても3、4時間はかかったんだろう。

めずらしく要領よく生きれた一日でした。
おやすみなさい。。。
豊島
道の駅の朝
昨日とうって変わっていい天気である。

眠い目をこすりながら早起きし高松港へ向かう
今日は一番行きたかった犬島へ行く予定

高松港から犬島への航路はいろいろあるが豊島を必ず経由しなければいけない
そこで⑥→④で行こうと計画を立てた僕

ところが・・・
高松港は3連休ということもありこのような大混雑
まさにパニック状態
豊島行きの整理券も僕らが着いた頃には既になくなり
長蛇の列、列、列

犬島へは早速無理なのかと思ったが
あきらめず違う航路を探す
そしたら昨日行った小豆島を経由するルートから行けることが判明!!
⑩→⑧→④
早速向かう
しかし恐るべし3連休。

時間はかかったが小豆島を経由し豊島へ到着
ここで次は犬島行きの整理券を手に入れないといけない。
豊島着いた瞬間に整理券の列に並ぶこと約1時間半

その間に友人と入れ替わりでちょこっと豊島を散策
船がいっぱい癒される風景

ご飯が食べれる。
そんな時間は無く見るだけ

豊島以上。
心臓の音アーカイブとか行きたいとこあったのに残念。

犬島行きの整理券を手に入れても
行けるか分からんような状態。
しかも行っても帰りの船の積み残しで帰れないこともあるかもしれないと警備員の人の話し

かなりサバイバルな感じになってきた。
こんな小さな島々にどんだけの人がいるんだと思うくらい。

そしてとうとう犬島行きの小さな船が到着。。。
小豆島
四国は香川県
高松へ向かう途中
雨がかなり激しさを増す

当初立てた計画を変更し
車で乗り入れ可能な「小豆島」へ行くことに!!

そして高松港へ到着
大荒れ
2010102422510000.jpg
フェリーの乗船券を購入し、いざ船旅の出発

小豆島は小さな島を連想させるがそんなことはない。
瀬戸内海の数ある島の中でも淡路島に次いで2番目に大きく、人口は3万人超とのこと。
今回の芸術祭では一番大きい島です。

すごいね。観光地でもあるし。楽しみ。

島に着くなりまず向かった先は食堂!
アートを見るのも腹が減っては楽しめないってことで(笑)
マルセ食堂
安くてうまい。島じまん定食をいただき。

それではアートを鑑賞していきましょう。
点々と配置されたアートを散歩しながら楽しめるところに
こんな感じでみんな傘を片手に鑑賞。
わらアート

小学校の中にもいろいろ

瀬戸内海付近の土を集めて並べたそうです。
地元のモノを使って表現っていうのが多かった。
自然との融合的なところにひかれます

お願いごとを書いていっぱい貼ってありました
最近よく言われる「薄くなった?」
生えますように!!って全然気にしてないけど書いといたよ(笑)

結構歩いた。なかなかな山?森?
軽いトレッキングでした。
奇妙な城が。
中から見上げると・・竹で作られてるんですね〜

結構歩き、いい時間
船で再び高松へ向かう
帰りの船では雨もやみ
きれいな夕焼けが
明日からは晴れ!!
期待できそうです。

バンブーシュートへも行った。特に欲しいものは無かったが

今日も車中泊。
高松は一人旅の時も来ていて車中泊した経験がある場所。
あの時はショッピングセンターでさあ寝ようって時に警備員に追い出された苦い経験があった
今回は道の駅というすばらしい施設を活用。
トイレはもちろん、お風呂や食事もできる。

おやすみ!!
瀬戸内国際芸術祭2010
金曜日の夜からLet's GO!!

かなり楽しみにしていた旅
ばっちり計画立てて準備した。

最近瀬戸内海に行く機会が多くなった。
海と島と車中泊。前行った時は1人やったけど今度は4人です。

瀬戸内海の7つの島と高松を中心に繰り広げる芸術祭
行ったことある直島以外の5つの島を三日で回る予定。

3連休ってこともありかなりの混雑が予想されるからちょっと不安やけど
どうなることやら

金曜日は仕事終わりに車で淡路島に乗り入れ
淡路島SAで車中泊。

明日から早いからぐっすり
車が広くてよかった。足ものばせる。


朝 起床
生憎の雨。かなり激しい。
いきなりの残念な展開に・・・

明石海峡大橋と神戸(かすむ)
2010102422510000.jpg
おっ、この写真誰かのブログでも見たな。。アングルまで同じ気が。。

早朝から飯食って顔洗ってGO

雨がなんやねん。
慣れとるわ〜
これしき負けやんぞ〜!!


とまあテンションをあげつつ高松へ
向かう僕たちであった

つづく
あいちトリエンナーレ
かなり前に買ったチケットを使う機会がやっときた。

しかし生憎の雨。
室内系がいいなということで愛知芸術文化センターへ

現代美術っていうのかな。
作品がラリっている感じが好きかもしれん。
どれもアイデアがあって、
なんか自分の持ってない感覚をくすぐられる感じ

画像では伝わりにくいが 文字が部屋一面を動き回る
結構単純だが 子供達がその文字を追っかけ回っている姿がこっけいに見えた
文字がどんどん増えて動きも早くなっていくに連れてそれを追っかける子供のテンションが比例
ある意味芸術なんかな〜


直島でもおなじみの南瓜など

おなかいっぱい
帰りに川越のある場所でのんびり。ちょうど山に太陽が沈むところできれいでした
MIHO MUSEUM
ちょいとドライブに
山の中にある美術館へ

自然の中を歩きたい気分だったんで




その後は

CAFE noka

のんびりした一日でありました。

秋っすね。
涼しくなってきたので
アート的なものでもゆっくり鑑賞して
新鮮な気分にさせられたい感じです。