<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 蒼滝 | main | 一升びんカップ >>
小岐須渓谷キャンプ
いざ鈴鹿の秘境へ

小岐須渓谷 山の家から車で更に奥へ
そこにキャンプ場?が。。

というか施設すらない場所。
近くに川や人口の滝があってかなり水の音がすごい。
とりあえずテントとタープを張る。
久しぶりに自分のテントと初のタープ(家にあった)の登場

お決まりのBBQにカレー
今回は人数少なかったけど作り過ぎてしまった。朝もカレーとなる。
あと焦げた。

川は車で山の家までまた下っていくしか無くみんなでいく。
かなり冷たく寒かった。飛び込むところは意外とあったけどちょいびびった。

んな感じで本日終了

4人での夜。
1人は明るいうちから床につき
実質3人。こんなに人数少ないキャンプは初めてだったな。
ふと空を見上げるとちょうど流れ星が。


たんまり寝た早朝散歩
鈴鹿の山を象徴する出会いが
「ヒル」だ。
朝だけで1人は5匹が足にうにょうにょ。
自分も1匹。なんとかすわれる前に気づいてセーフ。

逃げるように渓谷を早々に後にした僕たちでした。


セーフと思いきや帰ってきたアパートの駐車場でおりると足に血が。
まさか。
運転席にうにょうにょ。
結局連れてきてました。やられた。

しかもマットを干し直したらまた
うにょうにょ。

トラウマです。。











そういえば、
山の中からカレーの匂いにつられたのか原始人が現れました。
彼はカレーを食うなり海へ行くと去って行きました。
まさに野人。。
スポンサーサイト
原始人忘れてる!
sakana | 2011/07/26 21:29
うむ。載せておこう。
yasuda | 2011/07/27 23:50
COMMENT